あなたの結婚式、手作りでウェルカムボードを作ってみよう

結婚準備であれこれと頭を悩ませることのひとつがウェルカムボード作り。いっそのこと、友達やブライダルショップにまかせてしまおうとの考えが頭をよぎりますが・・・ちょっとまった。せめて友人や知人をお迎えするのに、手っ取り早くはないでしょ。との天の声。こころのこもった手作りのウェルカムボードは、多少出来が悪くても、みんなに「ステキ!」と言ってもらえたら、どれだけ嬉しくて、一生の想い出としていつまでも記憶に残っていることでしょう。

まずは、オーソドックスなオシャレな淡い金色フレームと、きれいなリボンとその対角線上の隅にお花をあしらい、中心にカップルの名前とあいさつを書いたカードを斜めに挟んだりするだけで、こんなに素敵なウェルカムボードになります。後ろに気に入ったファブリックなどを取り付けることでさらに素敵度がアップします!もし、季節的に珍しい、夏のウェディングなら、淡い水色を基調にして、海をイメージし、実際に海に行って採取してきた貝殻やヒトデなどを貼りつけても素敵度は一段とアップします!

落ち着いて、知的な感じのカップルには、個性を際立たせるように、濃い茶色を基調にしたアンティークな雰囲気の額縁を使い、中心はモダンアートやデザイン文字を使ったカップルのメッセージをあしらった派手派手しさはないものの、素敵なウェルカムボードになりますね。さらに、このボードをアンチークな椅子やキャンバス立てに置くことで一段ンと素敵度は上昇します!

カジュアルでナチュラルな雰囲気のウェルカムボードは、奇をてらったものではないが、カップルの人柄がにじみ出て素敵ですね。メーセージに使う文字フォントや文字を描く板の素材などを工夫すると、よりオシャレに仕上げられますね。例えば、木とリボンとを組み合わせたナチュラルな雰囲気のウェルカムボードやクリスマスに飾るリースのようなウェルカムボードなど、工夫しだいでイメージは膨らみますね。

モダンなデザインでできたウェルカムボードは、いわゆる凝ったウェルカムボードといえますね。ただ、あまり凝りすぎるとモダンアートが際立ってしまって、せっかくのカップルのメッセージが参加者に届かないといった本末転倒になるから要注意ですね。デザイン的には、ブラックボードに白いフォント文字で、モノトーン風にオシャレに書くのも素敵で、オススメです。

西洋のアンチークな金属製鳥籠風家具を花や蔓、リボンなどで飾り付けを行い、立体的でかわいらしいウェルカムボードに仕上げるのも素敵ですね。

手作りでもちょっとした工夫で素敵なウェルカムボードになること請け合いですね!

誰でも作れるオシャレなウェルカムボードの決定版はコレ

手作りで、オシャレなウェルカムボードを作るポイントは、額縁部分を凝ることです。こうすることで、誰でもオシャレなウェルカムボードを作ることができます。額縁はクラシックな淡い金あるいは銀が基本、でも最近では曲面や和を意識した丸額 八千代や春慶塗りなどいろいろです。メインのデザインとの組み合わせで見栄えが一段と良くなりますよ。自分の個性に合った組み合わせを追求しましょう。基本はメインのデザイン部分は大げさに、大胆に目立つようにしましょう。多少どぎつくても、オシャレな額縁で全体的にきれいに見えます。

オシャレなウェルカムボードを演出するデザインと額縁の組み合わせはこんなのは、どうでしょうか?きっと満足してもらえるはずですよ!

メインのデザインが大胆なイラストの場合は、額縁部分はモダンな白の曲面との組み合わせはオシャレですよね。切り絵の場合もモダンな白の曲面との組み合わせは素敵に映えますよ。

デザインとして、歌舞伎や浮世絵がメインなら、和風の額縁はいかがでしょうか。丸型の額縁にふすまやしっくいの壁を加えたり、立体的でない平面を使った日本的なテイストをこころがけましょう。植物でのアクセントには、和風の竹や松がぴったりですね。特に、外国人の方にうけることでしょう。

メインのデザインがシンプルだったり、文字のみで書かれていたら、額縁部分に花を添えたいと思いませんか?この時の花に気を付けるとしたら、真っ赤を始めとする原色は使わないことですね。その代り、淡いピンク、淡い水色や淡い黄緑色を使いましょう。花の配置は対角線上が見栄えがいいですよ。

ウェルカムボードを置く場所も工夫が大切です。置き場所はボードにマッチしたアンティークな椅子やテーブルに置くのはどうでしょうか。

ガーデンウェディングの場合は、外の景色に溶け込むことが、大切です。レストランなどのメニューを書いたボードは絵画用キャンパスを載せる台を使ったりすればオシャレなウェルカムボードを演出できます。

あっと驚くウェルカムボードをねらうなら、ボードの隣に設置した鳥籠の中に本物の小鳥を飼ったり、ボードの頭にウェディングドレスの髪飾りを付けて可愛く見せたり、幼稚園児が描いたような動物の絵柄にたどたどしい文字をクレヨンで描くとかすると、きっと感動的だと思いますよ。

これまでの額縁、アンチーク椅子、キャンパス台、花、金具などはメイン(メッセージのあるイラスト、切り絵、写真、ジグソーパズルなど)の周りを飾るアイテムの数々ですが、これらの組み合わせは、何百~何千になるはずですね。この組み合わせの中から、オシャレなウェルカムボードがたくさん生まれます。

素敵なウェルカムボードの作り方、満載

結婚式のウェルカムボードは、新郎新婦の二人の個性が発揮されるところなので、いろいろな表現の仕方があり腕の見せ所でもあるんですね。いろいろなジャンル別に紹介して行きますね。

まず、イラストを使ったウェルカムボードでは、絵画を描くのが上手い人には打ってつけのジャンルですね。イラストにもいろいろな種類があります。可愛いマンガタッチのイラストはほのぼのとした柔らかく、温かい雰囲気を醸し出します。線を強調したアジアンテイストのイラストは、シンプルな中にもメリハリの効いた力強いタッチを感じます。似顔絵は新郎新婦の顔の特徴が強調されて、インパクトが強く出ます。全体的にイラストは記憶に残り易いと言えます。

花を使ったウェルカムボードでは、花の立体感や多彩な色彩の華やかさで演出に効果を発揮します。新郎新婦のネームを多彩なバラとリボンで作ったリースで囲んだり、花かごをボードにくっ付け立体感を出したり、ネームプレートを設置した籠の下半分を多彩な花で飾り、華やかさを演出したりしています。

料理、お菓子作りやパン作りが得意なカップルには、”食べられるウェルカムボード”作りはいかがでしょうか?

”食べられる”というのも驚きですよね。例えば、こんなのどうでしょうか?アイシングクッキーで作られたウェルカムボード、色は淡いパステルカラーを基調にしてホンワカとした愛情あふれる優しさを表現していますので、新しい門出のカップルにはぴったしですね。パンで作ったウェルカムボードは、丸みのある茶系統の色合いのパンが基調なので、全体的に柔らかく温かみのあるウェルカムボードに仕上がります。

ウェディングツリーは今やウェルカムボードの一つの人気分野を形作っています。ユニークなのは参加型のウェルカムボードであることなんです!

結婚披露宴へ出席してくれたゲストの人々が、思い思いの色を選んで、例えば指先やキャラクター印などにつけて、それをハンコのようにボードで押し付けて、ツリーを形作っていきます。結婚披露宴が始まるころには、ゲスト全員で作ったツリーが完成します。それも世界に一つしかないツリーなのです。ゲストにとってもカップルにとっても、きっと一生の想い出になるウェルカムボードとなるに違いありません。ゲストとカップルが一緒に手作りしたという演出から、披露宴の雰囲気もいっそうあたたかく、参加して良かったなーと感じるようになるはずです。

このウェディングツリーのもう一つのお楽しみは、ツリーの形がいろいろと選べることです。例えばワインとブドウ、花火タイプ、バルーンタイプ、和風テイストなど好みに合わせ選べるところがいいですね。

使えるアイデアいっぱいのウェルカムボード集

結婚式やパーティーのおもてなしのあいさつがウェルカムボードとすれば、わざわざ来てくれた人たちに”よく来てくれました、さあどうぞ”といった、心のこもったあいさつを代わりにしてくれるウェルカムボードを作成したいものですね。そんなウェルカムボードをつくる際の参考になる資料集があれば、重宝です。そんな便利なものあるんでしょうか?あるんです!これから紹介するウェルカムボード集を使えば、素敵なウェルカムボードを作れますよ!

お金をかけなくても、こころがこもった素敵なウェルカムボードを作れば、来てくれた人たちに気持ちが伝わります。例えば、家で使っていた鏡に100均で買った文字のアクセサリーや造花をあしらったもの、桜のリースを使った和テイストなもの、かわいいおもちゃを使ったにぎやかなもので幼稚園の先生なんかにどうでしょう。

趣味を生かしたものも喜ばれますね、切り絵で作ったもの、スノーボードに飾り付けしたもの、パンつくりが得意なひとはパン生地で文字を形つくり、食紅で色を付けたもの、イラストが得意な人はちょっとこって、イラストに紙粘土で立体的に仕上げ新婦の髪飾りにビーズを使ったり、小花を使ったりと細かいところにもこだわったものなど、いろいろと趣味が生かせますね。

写真がメインのウェルカムボードはいかがでしょうか?結婚式なら招待したカップルを等身大に引き延ばした大きな写真に、メッセージをプラカードや首飾りにして身に付けさせたり、ボードに思い出の写真をハート型に居り抜いて貼ったり、黒板に写真を貼ったりは先生のカップルなら納得ですね。また、写真を貼るのは、時に、ごちゃごちゃしてしまいますが、すっきりさせるにはパソコンに取り込んで編集したものを印刷して使うといいですね。

ちょっとふざけたウェルカムボードは、同年代の招待客が主な場合に、堅苦しさから開放された雰囲気を醸し出すことに効果が期待できます。例えば、コスプレと等身大パネルを合体させたものは観光地や温泉場を思い出させ、思わず笑いを誘います。浮世絵を大胆につかい、主役の歌舞伎役者が新郎、相手役の遊女が新婦の似顔絵をモチーフにして、良く見ると主役二人に似ているといった具合です。ダジャレでカメをあしらった、”ウェルカメボード”は見かけることがありますが、まさか本物のカメさんをバケツに入れて数時間、これがお出迎えとは驚きですね。カメは長寿の代表で、”いつまでも末永くお幸せに”といった気持ちを込めてこのイベントが終わったら真剣に付き合うことを考えることですね。

■ドレスから覗く肌が気になって全身脱毛した
「やっておいてよかったな、と思うのは全身脱毛です。背中やデコルテのあきが大きめなウエディングドレスを着たかったので、ムダ毛の処理を完璧に済ませておきたくて。1年前くらいからサロンに通っていました。数回で変わってきたなという実感があり、肌もすべすべになって一石二鳥でしたね」(33歳/出版)

二の腕や背中、襟足……露出度が高いパーツはうぶ毛も含め、きちんと処理してつるすべな状態でいたいもの。それに加えて、リゾ婚などで丈が短めなウエディングドレスを着るときには、脚のムダ毛も気になります。結婚式当日はもちろん、脱毛をしておくと結婚後もラクなのだそう。

引用:http://chamboa.jp/column/diet/

またウェルカムボードだけでなく、結婚の準備は他にも有りますよね。体のお手入れも重要になってきます。そういった準備も怠らぬよう、素敵な結婚式を迎えましょう。

驚きの発想のウェルカムボード、こんなのありなの

結婚式やイベントなど、何事もはじまりが大事ですよね。大切な知人や友達などのゲストへの最初のおもてなを、あっと驚くインパクトのあるウェルカムボードでしたいと思いませんか?

あっと驚くインパクトのあるウェルカムボードにするには、いろいろと工夫がいります。具体的に紹介していきましょう。

結婚式で良く見かけるのが、写真をそのまま拡大して、パネルにしたウェルカムボードですが、これではインパクトがありませんね。思い切って写真ではなく似顔絵にしてみれば、どうでしょうか?

似顔絵だと衣装や背景を自由に設定できますから、例えば、映画のワンシーンをモチーフに、”ロミオ&ジュリエット”風、”ローマの休日”風、”夫婦善哉”風、”風と共に去りぬ”風など、古今東西の誰でも知っている有名なラブストーリー映画を使ったものとか、いいですね。また、ふたりの趣味をイラストにしてみるのもいいかもですね。例えば、スノボでジャンプしているところとか、テニスをしているところとか、いろんなパターンが思い浮かびますね。

次に、出席者の参加型ウェルカムボードはいかがでしょうか? 出席者が指にいろとりどりのインクを付けてから、指紋を様々なイラスト(例えば、ウェディングケーキ、ブーケット、舟、葉っぱなど)に押し付けて、アートにする。出席者がいっしょに祝ってくれている感じはもちろんだが、後で、想い出に残る作品になるはずです。

キャンドルのウェルカムボードは、周りをわざと薄暗くして、陰影のコントラストをたくさん出すようにすれば雰囲気がでますね。特に、夕方から行われるウェディングやパーティーにはぴったりマッチしますね。

海外で行われている事例から、気に入ったものを採用するのは、珍しさや驚きがあってインパクト溢れるウェルカムボードに仕上がります。しかも、あまりお金をかけないでできる場合が多いんですね。洋式のウェディングやパーティーが頻繁に行われる海外では、慣れたもので身近な小物を使う場合が多く見られます。例えばバードゲージ、風水では「幸福を家に呼ぶ」ことで知られており「幸運が入るかご」とも言われ、 鉄製の冷たさを和らげるため、花の飾りで演出すると華やかさが出て、「幸せ」というキーワードと共にウェディングにぴったしのアイテムですね。

ランタンにブーケをあしらったウェルカムボードも趣があります。灯りをともすランタンとブーケで幸せを演出しています。新しい門出の二人にぴったしのアイテムですね。

タイプライターに花の首飾りを付けたものも海外ならではのアイテムです。